トップページ口演者・視察先を探す > 震災・原子力災害を乗り越え、復興のシンボルとして再始動 トップページ口演者・視察先を探す > 震災・原子力災害を乗り越え、復興のシンボルとして再始動
NO 195
タイトル 震災・原子力災害を乗り越え、復興のシンボルとして再始動
名称 株式会社 Jヴィレッジ
地区 楢葉町
料金 無料(施設利用をお願い)
受入人数 10~160人
出張
対応時間 9:00~18:00
休日
所要時間 30分~60分
内容 日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設され、東日本大震災で閉鎖。幾多の困難を乗り越え平成29年7月に再開を果たした。 天然芝グラウンドをはじめ、全天候型練習場、新ホテル棟、コンベンションホールなどを兼ね備えた一大フットボールセンターとして、原子力災害からの復興・再生を牽引している。 施設の案内と再開するまでの道のりを説明する。
備考 ※案内は無料だが、昼食及び宿泊など施設利用をお願いしている。
※Jヴィレッジは楢葉町と広野町にまたがって施設がある。
連絡先 直接申込可
株式会社 Jヴィレッジ
TEL0240-26-0111

最終更新日:2019.02.15
問い合わせNO.197
視察:
口演:
ボランティア:
ジャンル:
地区:楢葉町
内容:日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設され、東日本大震災で閉鎖。幾多の困難を乗り越え平成29年7月に再開を果たした。 天然芝グラウンドをはじめ、全天候型練習場、新ホテル棟、コンベンションホールなどを兼ね備えた一大フットボールセンターとして、原子力災害からの復興・再生を牽引している。 施設の案内と再開するまでの道のりを説明する。
所要時間:30分~60分
料金:無料(施設利用をお願い)
受入人数:10~160人
出張:×
対応時間:9:00~18:00
休日:
備考:※案内は無料だが、昼食及び宿泊など施設利用をお願いしている。 ※Jヴィレッジは楢葉町と広野町にまたがって施設がある。

※個人の名前、連絡先は個人情報保護のため掲載しておりません。詳細は、ふくしま観光復興支援センターまでお問い合わせください。
お問合せの際は、ご希望の視察先・口演者番号をお伝えください。

マッチングのお申し込みはこちらから