トップページコースのご紹介 > 【会津地方】会津で震災の話と温もりを感じるまち歩き トップページコースのご紹介 > 【会津地方】会津で震災の話と温もりを感じるまち歩き

【会津地方】会津で震災の話と温もりを感じるまち歩き

10:40

(20分)
磐越道 新鶴スマートIC
11:00

(5分)
①会津美里まち歩き(60分)

天海大僧正ゆかりの地で、たくさんの窯元が立ち並ぶ会津美里町。赤べこ巡回周遊バスでのまち歩きや、流紋模様が特徴の流紋焼では絵付けやろくろ体験もでき、展示即売所やお休み処も併設されています。
住所:福島県大沼郡会津美里町字川原1933

 
12:05

(20分)
②窯の美里・いわたて 昼食(60分)
13:25

(35分)
③会津若松市・震災体験について口演(60分)

大熊町から避難して会津木綿を使ったモノづくりをしている方の思いと、仮設住宅でのボランティア活動を通して知りあった避難者の雇用創出という支援で、会津木綿を使った小物販売を行っている方のお話を聞くことができます。
住所:会津若松市大町1-8-26
住所:福島県河沼郡会津坂下町市中二番甲3658

 
15:00

(30分)
④喜多方市のまち歩き 蔵のまちガイドとまち歩き(90分)

「蔵のまち喜多方」には、約4,000の蔵が現存し、暮らしの中に溶け込んでいます。地元を知り尽くした蔵のまちガイドと歩くまちあるきや、ラーメンの食べ歩きもできます。
住所:福島県喜多方市内

 
17:00
磐越道 会津若松IC